東京の看護師情報「奨学金」

TOPページへ > 奨学金

東京の看護師の奨学金

看護学校の学費は、各学校により異なり、安いところもあれば、高いところもあります。経済的負担を軽くするには、学費の安い学校が理想的ですが、看護師になるためにどうしても学びたい学校があったり、学力の事情などがあり、学費だけでは看護学校は選べません。また、学校や実習先病院への交通費、親元を離れて看護学校に通う場合は住居費や食費など、学業を続けるための出費もいろいろかかります。

看護師を志ながらも、経済的理由で学業の続行が困難になるとしたら、それはとても残念なこと。慢性的な看護師不足に悩む医療界にとっても、社会にとっても損失です。

そこで、経済的に困難な状態にある看護学生をサポートする「奨学金制度」があります。これは、簡単に言うと、「看護学生に毎月一定額の資金援助を行う制度です。」一言で説明しましたが、その内容は複雑ですので、よく知ることが大切です。

誰がもらえるのか?
看護学校に通い、経済的に困難な状況にある人で、心身ともに健康な人。時には、学力が優秀であることが求められることもあります。

誰が支払うのか。
東京都看護協会や、日本学生支援機構のような団体
自治体(東京都)
看護大学
病院

いくらもらえるのか
奨学金を支払う団体や、病院の規定により異なります。学費、生活費の全てを奨学金で補うことはできませんが、経済的負担がかなり軽減することは間違いありません。

返済はどうするか?
看護学校卒業後、返済をします。返済方法は、月払い、分割などいろいろな方法があります。受け取った奨学金には、返済時に、利子が課されるものと、無利子のものがあります。また、病院からの奨学金の場合、卒業後一定年数その病院で勤務をすれば、返済義務が免除されることもあります。
例えば、東京都看護師等修学資金は、卒業後、東京都指定の医療施設に就職し、5年間勤続すれば、奨学金の返済が免除されます。

奨学金は、経済援助を受けることにより、学業を続けることができる学生にとってはありがたい制度です。また、社会にとっても看護師の卵を育成することは、健康でよりよい未来のために有意義なことです。そして、病院にとっては、奨学金制度は、卒業後の就職・一定期間の勤務を約束することで、看護師の人材を確保することができます。

一定期間の勤務に関しては、見方を変えると、卒後の進路が固定されてしまうというイメージがありますが、奨学金を申請する前に、病院に関する情報収集をしっかり行えば、奨学金の返済無しに、自分にあったよい将来の勤め先まで見つけることができることになります。

また最近は、看護師の資格を取った後、専門看護師や、認定看護師など、さらにキャリアアップを目指し、看護のスペシャリストになるための教育をうける有資格の看護師に対する奨学金、助成金制度もあります。

東京の看護師求人情報ならこのサイトで収集!!

ランキング第1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国

>>さらに詳細なランキングをご覧になりたい方はこちら!