東京の看護師不足の状況

TOPページへ > 看護師不足

東京の看護師不足の状況

潜在看護師の問題が度々取り上げられることが多くなっていますが、東京の看護師不足の状況も深刻であることが報告されています。しかし、看護学校への入学者数は減少していませんし、国家試験の受験者数や合格者数が減少しているわけでもないのです。にもかかわらず現場での人数が不足しているのは、離職者数が多いことが原因です。看護師は命と向き合うのが仕事ですから精神的なストレスがかかる上、夜勤や残業で肉体的にも負担のかかる仕事です。このような理由から離職者が増え、残ったスタッフで仕事をこなさなければなりませんので、さらに多忙を極める悪循環に陥っているというのが現状です。

そして、特に女性の場合には結婚で家庭を持ったり、妊娠や出産を経験すると仕事との両立が難しくなるため離職するケースも多くなっています。仕事は継続したくても、仕事の環境が整っていないために潜在看護師が増加しているのです。せめて夜勤や残業がなく、休暇を取りやすい環境であれば復職したいという人は意外と多いことから、有資格者数は足りていて、勤務条件にマッチした職場が見つからないことが看護師不足を増加させている最も大きな原因であると言えます。

診療報酬の改定によって新しい看護基準が施行されました。これまで看護師が担当する患者の数が10人に1人だったのが7人に1人に変更され、業務が緩やかになったように見えますが、医療機関側が基準を満たすためにスタッフの獲得に力を入れたことでさらに不足に拍車をかけてしまいました。悪循環ばかりが目立つ状況にありますが、特定の医療施設にこだわらなければ働きやすい環境を整えている職場もありますし、勤務条件に合う職場を見つける方法もあります。医療機関とは少し異なりますが高齢者介護施設などでも求人はあり、職域が広がっていますので積極的に探してみるとよいでしょう。

仕事を探すには求人情報サイトの利用が有効です。サイトでは東京の看護師不足の状況についてもきちんと把握していますので、働きやすい環境を整えて、応募者の立場に立って条件に合った職場を紹介してくれます。応募から面接までをコーディネートしてくれるベテランの担当者が常駐しており、例えば夜勤なし、週3日の勤務などの条件にも適応する案件を見つけてくれます。転職情報サイトを上手に利用すれば、求職者が満足できる職場を見つけることができだけでなく、人手不足で悩む医療機関の問題の解決にも役立つでしょう。

東京の看護師求人情報ならこのサイトで収集!!

ランキング第1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国

>>さらに詳細なランキングをご覧になりたい方はこちら!