東京の看護師情報「就職の心構え」

TOPページへ > 就職の心構え

東京での看護師就職の心構え

東京でも、地方でも、看護師として働くうえで一番大切なことは、自分の知識と技術を十分に発揮できることはもちろん、体力面、精神面、金銭面において、優先度や希望を明確にし、満足のいく条件の医療機関で、やりがいを感じながら仕事をすることです。
適度な背伸びは自分を向上させることになるのである程度必要ですが、過度の背伸びはいつか体や心のバランスを崩してしまいますし、妥協は仕事に対する熱意を喪失させ、結果的にどちらも仕事が長続きしません。
自分に合った医療機関で、長くキャリアを積むことが、あなたにとっても、雇用主にとっても、そして患者さんにとってもプラスです。

東京と地方での違いは、東京にはありとあらゆる種類の医療機関がありますから、どのような道にでも進める可能性があります。しかし、逆にその多様性が目移りや迷いを生じさせて就職先選びの判断を誤らせてしまうこともあります。
東京で看護師として就職する心構えとして、一番に申し上げたいのは「自分のやりたい看護をハッキリさせる」ということです。それはなにも「看護師のスペシャリストになる。」と言った大きな目標である必要はありません。「癌治療を行っている病院で働きたい」、「救急指定病院で働きたい。」といった仕事内容に関することでもかまいませんし、「夜勤のない病院。」、「結婚してからも働ける育児休暇のしっかりしている病院」、あるいは「○○沿線」といった勤務条件でもかまいません。とにかく「これだけは譲れない。」というものをハッキリさせることが、就職先を決める際にも、入職してからも大都会東京でブレずに仕事をし、暮らしていくためには必要だといえるでしょう。

地方から東京の病院や医療機関に看護師として就職する人は、「東京に行く」という期待と不安が入り混じっていると思います。日本の首都、日本で一番大きな都市、「私は東京で働くんだ!」という自負もあることでしょう。
実際に地方から東京の大病院に就職した看護師さんの話を聞くと、意外なことに「東京は田舎より気楽に暮らせる」という答えが返ってきました。なんでも「田舎は、いつ、誰が、どこで、何をしたかも伝わりやすく、買い物をしていると知人にもよく合うので、変な格好もできない。でも、東京は誰の目も気にせずに自由に生きることができる。」そうです。たしかに、東京は肩がぶつかるぐらい多くの人が狭い場所でうごめいているにもかかわらず、誰も隣りの人のことなど気にかけていません。それは「自由」であると同時に、人と人の関わりが希薄なさみしい社会であるとも言えます。それをメリットととるか、デメリットととるかは人それぞれですが、東京にはそんな一面があることを心に留めておくとよいでしょう。

また、買い物をしていて知り合いに会うことはあまりなくても、勤務先に政治家、著名人、芸能人とその家族が来院する可能性はあります。それが、日本の政治、経済、文化の中心東京です。これらの人々に対する看護や、対応も東京で働く上では大切です。

最後に、特に地方から東京の病院に就職し、周りに知り合いがいない人は、職場の仲間がまず最初にできる「東京での知り合い」になります。ですから、人間関係のよい勤務先に就職することはとても重要で、それは「運」ではなく、事前の情報収集でわかることも多いので、求職時にしっかり見極めることをお勧めします。

東京の看護師求人をお探しならこのサイトがオススメ!!

ランキング第1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国

>>さらに詳細なランキングをご覧になりたい方はこちら!