東京の看護師情報「看護学校」

TOPページへ > 看護学校

東京の看護学校

看護師になるためには、国家試験に合格し、看護師免許を取得する必要があります。そのために必要な専門知識と、看護技術を習得し、国家試験受験資格を得るには、厚生労働大臣の許可を得た「看護師養成学校」にて、一定期間の教育を受けなくてはいけません。看護師養成学校には、看護高等学校、看護専門学校、2年生大学制看護課程、4年大学制看護課程などの形態があり、それらを総称して「看護学校」と呼びます。

看護師を目指す人はみな看護学校に行く必要がありますが、そこで問題になるのが「どの看護学校で学ぶか?」ということです。特に東京には数多くの看護学校が存在し、4年生の看護系大学だけでも20校近くあり、看護系短期大学、看護系大学附属専修学校、医師会や東京都が運営する看護専門学校、その他、私立の看護専門学校を合わせるとその数は50校を超えます。

その中から、志望校を決める時のポイントとして一般に言われるのは「通学距離と、学費と、難易度」です。地方では、県内に数校しか看護学校がなく、自宅通学が不可能な場合もありますが、選択肢の多い東京ならば、「家から通えるか?」も、看護学校を選ぶポイントになるでしょう。また実習になると、朝早くから夕方まで実習病院に通わなくてはいけないので、看護学校だけでなく、実習病院が近いかどうかも考慮すると更によいでしょう。

地方から看護学校に進学する人にとっては、東京での住まい探しも大切です。看護学校の中には「学生寮」を完備している学校もあり、通学に便利な上に、住居費も格安ですので、寮のある看護学校を重点的に探すのもよいでしょう。

看護学校の授業料に関しては、学校により大きく差があります。公立の看護学校は、私立よりも学費が安いのが特徴です。学費の高い私立の看護学校であっても、奨学金制度を利用すれば、学費の負担が軽減します。

看護学校を選ぶもうひとつのポイントは「難易度」です。専門知識と、命に関わる責任感の重い仕事である看護師になるための学校は難易度も高く、看護学校に入るための予備校があるほどです。しかし、その中にも、統計上、難易度の高い学校と、やや低い学校が存在しますので、自分の学力を判断し、確実に入れそうな看護学校を選ぶこともテクニックのひとつです。どの看護学校を卒業しても、看護師国家試験に合格すれば、看護師として同じ業務を行います。しかしながら、4年生大学卒と看護専門学校卒では、基本給やその後の昇進に少なからず「差」が生じます。

このように、通学、学費、学力などの他に、志望する看護学校を決める理由のひとつとして、「卒業して働きたい病院の附属看護学校を選ぶ」ということです。例えば、附属の看護学校がある医学部附属病院は、自らの看護学校から優先的に新卒看護師を採用しますから、「この病院で働きたい!」という確固たる希望がある人は、「病院を決める → 看護学校を決める」という選択肢もあります。

東京の看護師求人ならこのサイトで検索!

ランキング第1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング第3位 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国

>>さらに詳細なランキングをご覧になりたい方はこちら!